著作権が特許権に追いつく日 「発明者」と「著作者」の法的な立場の違い

ちょいと前にニュースなんかでも割と言われてましたが、会社の従業員が発明をした場合にその従業員ではなく会社が特許を受ける権利を取得するようになりました。 これは何でもかんでもというわけではなくて、従業員が会社の職務においてした発明に限って認められる事で […]

「夢萌」裁判に見るクリエイターと企業とのバランス

夢萌商店で販売される商品について、キャラクターをデザインしたイラストレーターさんと夢萌の運営側との間で対価の支払いについての行き違いがもとで生じた裁判がありました。 本訴:平成25年(ワ)第28071号 反訴:平成26年(ワ)第17051号 クリエイ […]

絵師さんに直接お金を払って絵をリクエストする”commission”に関する知財

一般人が絵師にお金を払って描いてもらう海外の文化、コミッションとは? この記事に基づいて、知財関係のレポートが欲しいというリクエストがありましたので書いてみます。 ”commission”って何?というところから まぁ上記リンクの通りなんでちょっとで […]

会社設立、クリエイターサポートにかける想い

会社作ります。 クリエイターマネージメントを中心として、企業の知的財産管理やアニメ業界でのお手伝いに関して、きちんと会社を設立してやっていきます。 弁理士になって以来、 管理業務は面倒なのでクライアント窓口とかやりたくないと言いながら窓口業務をやり、 […]

展示会に出展した試作品が不正競争防止法2条1項3号の「商品形態」として守られなかったハナシ(地裁だけど)

判例全文(東京地裁 平成27年(ワ)2077) この件について興味があって知りたいという人がいたので書いてみます。 地裁なんで、ひっくり返る可能性もアリなんですが。 (判決言い渡し日は2016/1/14 控訴されたかどうかがすぐわかるといいんですけど […]

コミケの存続は著作権がカギ”ではない”かもしれないハナシ – ファイアーエムブレムのハナシ

同人誌の合法性を語る上で槍玉に上がるのは当然のごとく著作権法なんですが、 実は、私は少々違った感覚を持っています。 それは、不正競争防止法です。 アニメ、漫画、ゲーム等を題材としてパロディ作品を作ったとしても、著作権を侵害してはいないけど、場合によっ […]

人の意思決定に関わること 弁理士の仕事

生きていると「選ぶ」ことが求められる場面に度々直面する。 仕事であれ、私生活であれ、人生は「選択」の連続だ。 例えば自分は去年9月末で事務所のパートナーを辞職し、独立することを「選択」した。 こういった事はまさに「選択」という表現がしっくりくるが、な […]